会社を辞めたい

会社を辞めたい…時期はいつが最適なの?辞め方は?

ずっと働いてきた仕事に突然疑問を抱くことがあると思います。今の会社でずっと同じ仕事をしていてもスキルアップできない、もし今リストラにあってしまったら何もスキルがない自分は新しい仕事が見つからないのではないか、といった向上心の高い人もいます。

 

比較的若手でいながら仕事のボリュームが物足りなかったり、将来性に希望が持てない会社だと感じるようになってしまったら、転職をする絶好のタイミングかもしれません。

 

人間関係でも新しい人脈が広がらない会社や部署であれば、マンネリ化した職場で働き続けることは苦痛と感じたりしますよね。会社を辞めたいと思うことは決して悪いことではなく、転職のタイミングを見つけることはとても大事だと思います。

 

 

転職活動をしたいけど、いつやればいいのか

 

よほど健康に問題が発生している時でなければ、仕事を辞めたいと思っていても仕事に行かざるを得ません。もし辞めることになったとしても次の仕事がすぐに見つかるかどうかという不安もあります。

 

もし次の転職先がうまく見つかったとしても、今の会社に辞表を提出してすぐに受理してくれる可能性も分かりませんよね。辞めるタイミングと転職するタイミングはできるだけ近いほうが安心感が高いです。

 

転職活動のタイミングとしては、ほんの少しでも今の会社を辞めたいと思った瞬間からはじめることがおすすめです。なぜなら無料で始められますし他の会社に目を向けてみることで一気に仕事への価値観が変わるからです。

 

転職はタイミングと言われていますが、そのチャンスを増やすためにもいち早くいい仕事を探し始めることで良い転職をするチャンスが増えます。

 

 

どういう転職活動がいいのか

 

仕事をしている人なら転職先を探す時間も限定されます。一番効率よく良い会社を見つけるには転職サービスを利用することです。無料登録をするだけで簡単に仕事探しが出来る上に、企業側からも欲しい人材として注目されればオファーがかかることもあります。

 

また登録することにより非公開案件も見ることができるようになるために、好条件の確率が高い非公開案件から仕事を探してみるのも重要です。ハローワークで仕事を探すよりも空き時間を使って効率よく仕事を探すとても良いツールです。

 

もし転職先が決まればすぐに会社に退職届を出しましょう。退職届を受理されなくても退職の意思を伝えることで法律的には30日後に辞めることができます。退職のことに関して雇用契約書なども確認しておいてください。